読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月24日、手早い

少し前まで冬の寒さが覆っていた京都には若干の陽の暖かさがもたらされて、ああ、春っていうのは毎年こんな風に来ていたんだな、と思い出したかのように思っているけれど、春になろうが冬のままだろうが僕にはわからないことはわからないし、できないことはできないし、やりたくないことはやりたくない。わがままなままで大人になってしまったのか、わがままな大人になってしまったのかはわからないけれど、そうかこれが社会不適合なのかと実感する毎日で、結局布団から出れなかったり部屋から出れなかったりして、現実と接続したいのになんだかうまくいかない接触不良を起こしている僕はスマホの充電器のよう。手早く買いに行かなきゃ。